カラーヒーリング講座

本講座は、カリフォルニアの田舎町にお住いのブラックバーン女史の長年の研究、実践結果を発表された著書を元に診断と治療法の一般的な女史の方法を紹介し、カラーを飲んだり、浴びたり、する他、実際にカラーヒーリングを行っていきます。

そして、 「色素の色と光の色の違い」 「色の持つ効果」 「ワークショップ」 「プリズムを使う方法」「色のエネルギーを水を使って飲む方法」 「色の光を浴びる方法」 「色をイメージする方法」「ライトカラーを使った方法」を体験を通じて行なっています。

ブラックバーン女史によると…
病気はその人の生まれながらのエネルギーパターンからの「ずれ」あるいは「狂い」がひどくなると、それが病気となってあらわれる。
それは実際にはどういう意味かといえば、ライトカラーの配分が吸収パターンの変化により変わってきて、過剰な色や不足の色がでてくる。
そこで過剰な色には反対色を不足の色はその色を与えて、回復させるということになる。
 
  ~ 中略 ~

一次色はエネルギー活動のバランスをとる。
病気の原因を治し、エネルギーバランスを回復させるために最初に使う。

二次色は、はじまった治療作用を助け、エネルギーのバランスを維持する。
中間色は、治療を完了させるのに用いる。


(一次色)

  黄     生体エネルギーが消耗し落ち込んだ時、元に戻して活性化させるのに用いる。
細胞のエネルギーを復活する。病や外傷で元気がなくなっている時、身体の不調和な浸入物、残留物を分解したり、身体を清浄化してエネルギーを活性化する。
  赤   活性の色。不活性な状態の時、刺激し、ノーマルな状態にまで持ち上げるのに用いる。
  青   沈静の色。活性化し過ぎている時、沈静化したノーマルな状態にまで下げるのに用いる。

 

(二次色)

  紫  次色を最初に用いるという原則の唯の例外として、紫は緊急時に用いる。
急状態が過ぎ去れば、原則に戻って一次色に用いることからはじめる。
緊急とはショック状態や幽体離脱所帯などの場合である。
紫はとくにエーテル体に対して効果が強い。
大至急に肉体、感情体、思考体などのバランスを
回復させる必要がある時に用いること。
  緑 グリーンは赤とブルーの混色で、身体の自然治癒状態を刺激する作用がある。
細胞の生長を助け、治癒のはたらきを増大するのに用いる。
秩序、バランス、健康の色。
  橙 オレンジとは黄と赤の混色で、身体内に入り、または身体内にある元素の同化作用を助ける。
消化、排泄、機能不調の場合や他の薬の効果を高めるのに用いる。
  白 白はどんな場合に使っても危険はすくなく、色の中で一番強力である。
チャクラに対して光を共に用いる。

 

実習では
ブロードキャスティングという遠隔で色(光)を送る方法を行っていきます。

 

◆ 講座内容

  1.カラーヒーリングの歴史
  2.様々な方法(色を浴びる、色を飲む、色を感じる など)
  3.色素とライトカラーの違い
  4.心理カラーと意識カラーの違い
  5.遠隔のカーラーヒーリング
  6.色の診断とヒーリングプログラム
  7.カラーヒーリングのセットの使い方
  

 講座風景

講座風景01
講座風景02
講座風景03

堤裕司

カラーヒーリングダウザー養成講座 教材セット

教材

 認定試験について

本講座を受講し、「理論」「実技」試験に合格すると、日本ダウザー協会認定「カラーヒーリングダウザー」として活動をすることができます。

 
カラーヒーリングダウザーとは、
   ① ジオパシックストレスを理解し
   ② メディカルダウジングのスキルを取得し
   ③ 色の診断とヒーリングを行うことのできるダウザーです。

認定証

 
 

 詳細

■日程

Coming Soon

■会場

 東京都豊島区東池袋1-39-15  シャトレー東池袋308号

 

 google mapへのリンク

■認定試験

 ○実技 : 当日
 ○理論 : 後日郵送で提出

■受講資格

 「メディカルダウザー養成講座」受講者 以上

■受講料

 97,200円(消費税・教材費込み)

 

「クレジットカード」「コンビニ」「」 「銀行振込」での事前入金になります

■講師

 堤裕司 日本ダウザー協会 会長

受講申込

 
申込ボタン
 

ページトップ

当サイトに掲載されている情報・画像等の無断使用を禁じます。