ゴーストハンター養成講座は、幽霊の意外な正体とゴーストハントの驚くべき秘術が学べます。


ダウジングの第一人者 堤裕司が明かす
幽霊の意外な正体と、ゴーストハントの驚くべき秘術を公開!
「ゴーストハント」と言う言葉自体は、イギリスのダウザー、トム・レスブリッジが最初に使ったものです。
 
ダウジングの世界では、ゴースト(幽霊)は、死者の魂ではなく、生きていたときの思考がそこに残った物だと考えます。つまり残留思念と言う考えです。
それをペンディラムなどのダウジング道具を使って調べ、ダウジングの道具でハンティング(除霊、除去、捕獲など)していく、それをゴーストハンティングと呼びます。
アメリカにはゴーストハンターと呼ばれる職業が存在し、それを教える学校もあるんですよ。
 
幽霊とは死んだ人の魂(心)ではなく生きていた時の感情(怒り、悲しみ、恐怖など)がその場所に記録されたもので、ビデオテープに記録された磁気信号のようなものであるという。
 

講座内容

地相鑑定を行っていくうちに、ゴーストの問題にぶち当たる鑑定士さんが増えていることからこちらの講座の開催しています。

えっ!? ゴースト!???
おばけ?? なんで?  

と思われる方も多いと思いますが、実際に地相鑑定中にも、鑑定後にも色々と相談が寄せられることがございます。

と、言う事で、こちらの講座ではゴーストって何? 
ゴーストってどこにいるの?
という講義から始まり、実際にゴーストを探していきます。

そして、ゴーストが見つかったあとは、実際に様々な道具を使って、獲得、退治をしていきます。

「ゴーストハント」と言う言葉自体は、イギリスのダウザー、トム・レスブリッジが最初に使ったものです。

ダウジングの世界では、ゴースト(幽霊)は、死者の魂ではなく、生きていたときの思考がそこに残った物だと考えます。つまり残留思念と言う考えです。

それをペンディラムなどのダウジング道具を使って調べ、ダウジングの道具でハンティング(除霊、除去、捕獲など)していく、それをゴーストハンティングと呼んでいます。

 

カリキュラム

1.ゴーストの理論的背景
2.幽霊=霊魂説の矛盾点
3.EVP(電気的音声現象)
4.ソートフォーム(思考形態)の実験
5.ゴーストハンティングの道具
6.ダウザーの保護
7.ゴーストの調べ方
8.ゴーストのハンティングの仕方

教材

ゴースト教材

 詳細

開催日程

「講座開催リクエスト」で受付中

会場
セミナールーム「レッスン」
東武東上線「大山」駅 南口より徒歩8分

〒173-0022
東京都板橋区仲町15-15-1F

★地図はコチラから
受講資格

「地相鑑定士養成講座」受講者済の方

受講料

99,000円(消費税・教材費込み)

講師

日本ダウザー協会  会長 堤裕司

お支払方法 コンビニ決済・PayPal・銀行振込・ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い
楽天ペイ・Amazon Payでの事前入金になります

※ クレジットカードをご希望の方は、TOPページをご覧ください。
 「VISA・Mastercard・American Express」をご利用いただけます。

開催日リクエストフォーム

 
 

ページトップ