スウィングロッド講座
ここ数年、海外、特にヨーロッパ辺りで、使う人が増えているスウィングロッド。
別名ストレートロッド、ボバー、バイブロロッド、等とも呼ばれています。

ロッド系の中では、振り子に近く、習得しやすく、反応も振り子のように使えます。

しかし、製品としては入手が困難なため、
会長自ら試行錯誤し、使いやすいロッドが完成致しました。

先端にサンプル管を付け、探したいサンプルを入れることで反応を良くすることが出来ます。

チャクラバランシングなどは、被験者がベットなどに横にならずに立ったまま、あるいは椅子に座ったまま測定、調整出来ます。
また、先端のサンプル管に調整したいチャクラの関連する物(石、色紙、など)を入れることで、より調整効果を高める事も出来ます。

   カリキュラム

● スウィングロッドの歴史
● スウィングロッドの種類
● YES NO の信号
● 視線で動かす
● スウィングロッドの応用
● オーラとチャクラの測定、調整
● スウィングロット実習
 

   教材のスウィングロッド

スウィングロッド

   受講までの流れ

  1. 下記の「受講申込みはコチラ」ボタンから、決済ページへお進みください。
  2. 受講料のお支払いは
    コンビニ決済・PayPal・銀行振込・ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い・楽天ペイ・Amazon Payでの事前入金になります。
  3. 決済が完了すると、決済サイト「stores」より「受講に必要な Zoom講座URL 」がダウンロードできます。
    ※ 受講に際し必要となりますので事前に必ずダウンロードをお願い致します。
  4. 教材の「スイングロッド有」の方は、別途郵送いたします。
  5. 講座は、Web上の「Zoom講座」となります。
    ※ Zoomアプリは、予めご使用のデバイス(PC/スマホ・タブレット)にダウロードしてください。
  6. 開催日の開始10分前からアクセスが可能になります。
 Zoomアプリは、こちらのサイトからダウンロードすることが可能です。 https://zoom.us/download

   受講資格

<注> ダウジングが初めての方は、ダウジングの基本知識を得る必要があるため最初に「ペンデュラム講座(初級講座)」をご受講ください。
 

初級講座の申込はコチラから

 「通信講座」でご受講をご希望の方はコチラから
「DVD講座」でご受講をご希望の方はコチラから
「Zoom講座」でご受講をご希望の方はコチラから
 

   受講申込申込はコチラから

スイングロッド有

開催日 9月28日(火)20:00~21:30
受講料 23,100円(税・教材費・送料込)
スイングロッドが付きます
受講資格 「ペンデュラム講座(初級)」を受講済の方
通学講座・通信講座・Zoom講座・DVD講座
定員 4名
締切日 〆切ました
受講申込はコチラ

スイングロッド無し

(ご自身でご用意ください)

開催日 9月28日(火)20:00~21:30
受講料 16,500円(税込)
※スイングロッドは付きません。
受講資格 「ペンデュラム講座(初級)」を受講済の方
※通学講座・通信講座・Zoom講座・DVD講座
定員 10名
締切日 9月27日(木)17:00

   講師紹介

堤裕司

講師 : 堤 裕司 (日本ダウザー協会 会長)

10歳の時UFOを目撃
ミステリーや精神世界に興味をもち、14歳の時にダウジングを知り体験する。

1984年  日本ダウザー協会を設立。
       日本でのダウジングの普及とともに海外のダウザー協会とも交流を図る。
1989年  東進カレッジ・能力開発研究所主任研究員に任命され脳波研究をする。
1990年  TBS「たけしの頭の良くなるテレビ」に出演、ダウジングの実験を公開。
       これ以降、テレビ、ラジオ、週刊誌などに多数取り上げられる。
1992年  ダウジングと科学的な測定機器による幽霊退治団体「ゴーストハンターズ」を組織
       マスコミに多数紹介される。
1994年  イギリスで行われたインターナショナル・ダウジング・アソシエイション
       (国際ダウジング協会)の設立会議に出席。世界のダウザーと交流。
現在     日本ダウザー協会会長、日本エネルギー医学協会理事をそれぞれ務める。
       日本ダウジング界の第一人者

◇ 著書
  『驚異のダウジングⅠ』(太田出版)
  『驚異のダウジングⅡ』(太田出版)
  『驚異のダウジング(文庫 早分かり版)』(太田出版)
  『ついに幽霊を捕獲した』(廣済堂出版)
  『超意識の秘密』(知玄舎)
  『マインドテクノロジー(上下)』(知玄舎)
  『あなたもペットと話が出来る』(学研)(翻訳監修)  など

ページトップ