ダウジング|日本ダウザー協会

ダウジングを学ぶなら【日本ダウザー協会】堤裕司

ゴーストハンター養成講座

ダウジングの第一人者 堤裕司が明かす
幽霊の意外な正体と、ゴーストハントの驚くべき秘術を公開!

「ゴーストハント」と言う言葉自体は、イギリスのダウザー、
「トム・レスブリッジ」が最初に使ったものです。
 
ダウジングの世界では、ゴースト(幽霊)は、死者の魂ではなく、生きていたときの思考がそこに残った物だと考えます。つまり残留思念と言う考えです。
それをペンディラムなどのダウジング道具を使って調べ、ダウジングの道具でハンティング(除霊、除去、捕獲など)していく、それをゴーストハンティングと呼びます。
アメリカにはゴーストハンターと呼ばれる職業が存在し、それを教える学校もあるんですよ。

講座内容

ダウジングの世界では、ゴースト(幽霊)は、死者の魂ではなく、生きていたときの思考がそこに残った物だと考えます。
つまり残留思念と言う考えです。
それをペンディラムなどのダウジング道具を使って調べ、ダウジングの道具でハンティング(除霊、除去、捕獲など)していく手法を学びます。


「ゴーストハント」と言う言葉自体は、イギリスのダウザー、トム・レスブリッジが最初に使ったものです。

幽霊現象の調査、解決を目標とすることを「ゴーストハント」と呼び、それを行なう人たちを「ゴーストハンター」と呼びます。

霊能者や超能力者といった、ごく一部の人たちによる研究はあまり進められていません。
なぜなら、客観的に物事をとらえられず、個人的観念、宗教的観念などが入り込みやすいから。

逆に、ゴーストハントは科学的客観性と慎重さなどを主流においています。
ただし、科学一辺倒ではとらえきれない部分も含まれるので、霊能者が関わる事もありますが、重きは置いていません。
現在のゴーストハントは、科学的な装置とダウジング用具による調査が主流になっています。

カリキュラム

1.ゴーストの理論的背景
2.幽霊=霊魂説の矛盾点
3.EVP(電気的音声現象)
4.ソートフォーム(思考形態)の実験
5.ゴーストハンティングの道具
6.ダウザーの保護
7.カウンセリングの重要性
8.ゴーストの調べ方
9.ゴーストのハンティングの仕方

教材

ゴースト教材

詳細

開催日程

Coming Soon

会場
セミナールーム「レッスン」
東武東上線「大山」駅 南口より徒歩8分

〒173-0022
東京都板橋区仲町15-15-1F

★地図はコチラから
受講資格

「地相鑑定士養成講座」受講者済の方

受講料

99,000円(消費税・教材費込み)

講師

日本ダウザー協会  会長 堤裕司

お支払方法 コンビニ決済・PayPal・銀行振込・ドコモ払い・auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い・楽天ペイ・Amazon Payでの事前入金になります

講座開催日のご希望がございましたら下記よりご連絡ください。
日程調整後に開催いたします。

ページトップ