よくある質問

Q.

振り子がなかなか、揺れてこないのですが?

A.

ダウジングは、筋肉を通じた自律神経の反応です。なので、自律神経が健康な状態でない場合も考えられます。まずは体調を整えてから練習を始めてください。

Q.

振り子は動くのですが、イエス・ノーの動きがよく揺れてこないのですが?

A.

今までの人生のなかで、必要性がなかったので、ダウジングの答えとしての動きが潜在意識に入っていない人もたまにいます。(100名中、1~2名程度)
そういう人は、新たに動きを潜在意識に教え込む必要があります。
振り子を右に回しながら「私のとってのイエスは右回りです」と唱えます。1分程度。
次に振り子を左回しに回しながら「私のとってのノーは左回しです」と唱えます。これも1分程度。これを1日1回、毎日、1週間続けてください。そうすると、たいていの人はイエス・ノーの動きが現れるようになります。

Q.

最初は良く当たってましたが、最近、はずれが続きます。どうすればいいですか?

A.

ダウジングは、最初の頃は良く当たります。ダウジングする事が楽しい、と思えば、よく当たります。いわば、ビギナーズラックです。
中級者になると、必要性の原理が働いてくるので、必要な時以外はダウジングしない、と言うのを心がけましょう。
それから、ダウジングに限らず、技術系全般に言えることですが、伸び悩む時期を「イーダル・ポイント」と呼びます。この時期はとにかく練習してもなかなか成果が上がりません。その時期を過ぎるとまた伸びてきます。このイーダル・ポイントの過ごし方を、私のダウジングの先生は「焦らず、弛まず、怠らず」と言ってます。

Q.

ダウジングはコックリさんと同じだと言う人がいますが?

A.

コックリさんは、江戸時代に始まったと言われる、霊を用いた遊びが源流だといわれてます。
自分の意思と反して動く(ように感じる)その部分は、不覚筋動と呼ばれる、筋肉の動きで、その部分は、ダウジングとコックリさんは同じだともいえます。
しかし、コックリさんは答えの求める先を自分の外の霊(犬とか狐とか、天使、守護霊など)に置いています。なので、危険性も含まれます。(帰らない、憑依、祟りなど。実際にそうなのかどうかはともかく、そうなると考える危険性がある。)
ダウジングではあくまでも、自分の内側の潜在意識、超意識などから答えを得ると考えています。なので、そういった危険性はまったくありません。この部分が大きく違います。

ページトップ

当サイトに掲載されている情報・画像等の無断使用を禁じます。